スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン缶、秋葉原に初進出。売れ行き好調で完売状態

テレビで、秋葉原にあるメイド喫茶のメイドさんが試食した放送をきっかけに、「札幌らーめん缶」が注目を浴びた。
その「札幌らーめん缶」が、秋葉原では初めて「グッドマン&メルシー・メイド倶楽部」にて10日より販売が開始された。

07-04-12_12-34.jpg

画像は、秋葉原無料案内所の札幌らーめん缶のサンプル。
監修は、人気有名店「麺屋武蔵」の山田店主という品で、醤油味と味噌味の2種類があり、1缶¥280。
12日の昼頃にお店に伺った際には”売り切れ”の札が付いていた。
ちなみに、チチブデンキのおでん缶自販機のように加温販売では無く、常温での店頭陳列販売の為、温かい状態ですぐに食べる事は出来ない。

どうしても自販機で購入したいと言う方は、おでん缶の卸をしている「株式会社フジタカ」の自社前(千代田区一番町8-13)に置いてありますが、場所は秋葉原ではなく半蔵門。
こちらは加温されており、1缶¥250で購入することが可能。
また、おでん缶、筑前煮缶、肉じゃが缶なども同じ自販機で売られている。

何とか2種類とも入手したので、早速食べてみようと加温したところ、醤油味を食べるつもりが味噌味だったと言う事は気にしない事に。
缶を開けてみると、並々と入った麺汁とメンマが見えた。
肝心の麺が見えないので、缶上部に付いている折り畳み式のプラスチックフォークで持ち上げてみる。
購入するまで「麺を汁の中に入れっぱなしで伸びないのか?」と疑問だったのだが、この麺、何とこんにゃく麺だったのである。
なるほど、これなら伸びない。
しかも、汁の中に浸かっている為、しっかりと味がしみこんでいる。
具はメンマと豚肉だけでちょっと淋しいが、汁も普通に味噌ラーメンの汁だし、結構麺も美味しかった。

続いて、醤油味も食べてみた。
当然だが、こちらもこんにゃく麺で、具も同じくメンマと豚肉の2種類。
味噌味では気にならなかったのだが、こちらはこんにゃく特有の香りがしていた。

両方を食べてみた感想としては、私は味噌味の方がオススメ。
折りたたみ式フォークが付いているが、実際に使って食べてみると、麺が滑り易いし、メンマや豚肉がうまく食べられない。
特に豚肉は、結構もろくて、簡単に崩れてしまうのが難点かもしれない。


<関連サイト>
株式会社フジタカ
メイドさんのいるお土産屋さん「メイド倶楽部」プレオープン(秋葉原・メイドカフェ探訪記)

<関連ブログ>
話題騒然!?ラーメン缶自販機をアキバに誘致しちゃう大作戦♪(秋葉原メイドブログ ~メイドカフェ(喫茶)からヨドバシカメラまで  アキバ系ガイドマップ~ 「秋葉でガイド」のメイドより)
秋葉原にメイドも食べる?というラーメン缶が進出も即完売(「秋葉原」外神田7丁目のキセキ)
ラーメン缶(メイド喫茶ぶろっぐ)
おでん缶 の次は らーめん缶 らしいですよ(メイドさん的Blog(メイドブログ))
ラーメン缶が新秋葉原名物になるという不思議(アなチラ!)
第23回maroのアキバ食べ歩き日記帖 札幌らーめん缶(みそ・しょう油)(アキバOS)
スポンサーサイト



「まいくのきまぐれ日記」は「まいくのアキバ日報」に生まれ変わりました。
今後は新ブログでよろしくお願い致します。





プロフィール

まいく

  • まいく
  • 秋宮 舞駆(あきみや まいく)
    おとこ
    東京都世田谷区在住
    パソコン・アイドル・街(商店街)ぶら・メイドカフェ巡り好き
    5月31日生まれ
    A型

    身長:180cm
    体重:48kg

    メールは、上のフォームか、mike1973宛にyahoo.co.jpまでどうぞ。

QRコード

QR Cord

携帯電話用はこちら

RSSフィード

広告

■フィギュア他

■ゲームソフト

■DVDソフト

まいくのつぶやき
※08/07/17~08/09/09の画像がトラブルにより消滅しました。復旧は不能の為、ご迷惑をお掛け致します。
レポートサイト

秋葉原・メイドカフェ探訪記
秋葉原にあるメイド喫茶の、イベントや新店のレポートサイトです。

ブログ検索
まいく へ メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。