スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛いねこ達に癒されるカフェ「ねこじゃらら」

1月25日の大安吉日”い~にゃんこ”の日、秋葉原にオープンしたネコカフェ「ねこJaLaLa(ジャララ)」に、改めて伺ってきました。

08012601.jpg

今回は、オープン後ということで利用方法を説明しようと思います。

08012602.jpg

こちらのお店は時間制となっており、最初の30分が¥500、その後10分ごとに¥150がかかります。

08012603.jpg

そんなわけで、可愛いネコの手のノブを左に引いて入口オープン。
目の前にもう1つ格子扉があるのですが、ここから先は靴を脱いで入ります。
そして靴はすぐ横の靴箱へ収納。

08012604.jpg 08012605.jpg

この後、入口横で利用方法など色々と説明をしてくれて、首に掛けられる札を受け取ります。
こちらには入店時間をチェックしたメモも付いています。

08012404.jpg 08012610.jpg 08012607.jpg

手荷物は棚に置き、上着はハンガーへ。
こちらの棚には、ネコ関係の本とか色々入ってます。
そしてハンガーフック、こちらを良く見ると、なんとネコのおしりになってたりします。(後に知ったのですが、ネコではなく、犬のおしりなのだそうです。)

08012606.jpg

はいはい、まだあせってはいけません。
店内奥にある洗面所でよく手を洗って、消毒液でキチンと消毒します。
これでやっとネコたちとふれあうことができるのです。

08012608.jpg

こちらはドリンクの注文カウンター。
¥300程度でコーヒー・紅茶・その他ドリンクが飲めますよ。
料金は最後にまとめての支払いとなります。

08012609.jpg

そして、こちらはネコのおもちゃ。
土鍋に入ってます。
このおもちゃでネコたちと一緒に遊びましょう。

08012612.jpg 08012614.jpg 08012613.jpg

ということで、こちらにいるネコたちをちょっとだけ紹介。
一緒に遊んだり、抱いてあげたりもいいけど、ネコたちの様子を見てるだけでも飽きませんね。

08012611.jpg

こちら、謎のネコ出入口。
って、この先はネコたちのおトイレがあるんですけどね。



最後、ネコたちとバイバイする時は、入口横で札を返却して精算します。
「ばいば~い!また会おうね!」


<公式サイト>
秋葉原のネコカフェ ねこじゃらら

<関連ブログ>
アキバblog
秋葉原マップ
あきばちっく的取材日記

<関連記事>
秋葉原に本当のネコカフェがオープン
中央通り沿いに新たな猫カフェが開店
greedy catz - ギザカワユスねこ達が居るねこカフェ

スポンサーサイト



「まいくのきまぐれ日記」は「まいくのアキバ日報」に生まれ変わりました。
今後は新ブログでよろしくお願い致します。





comment

Secret

ねこカフェ

記事を読み、さっそく行って来ました!
可愛いねこにゃんが!5ひきもいて、見て触れてじゃれて時間を忘れて…!
メイド以外で癒されますた!
超~オススメです!

ねこ~ねこ~ねこ~

はじめまして♪

かわいいですよね~
もう絶対一度はいつか行こうと思います。

プロフィール

まいく

  • まいく
  • 秋宮 舞駆(あきみや まいく)
    おとこ
    東京都世田谷区在住
    パソコン・アイドル・街(商店街)ぶら・メイドカフェ巡り好き
    5月31日生まれ
    A型

    身長:180cm
    体重:48kg

    メールは、上のフォームか、mike1973宛にyahoo.co.jpまでどうぞ。

QRコード

QR Cord

携帯電話用はこちら

RSSフィード

広告

■フィギュア他

■ゲームソフト

■DVDソフト

まいくのつぶやき
※08/07/17~08/09/09の画像がトラブルにより消滅しました。復旧は不能の為、ご迷惑をお掛け致します。
レポートサイト

秋葉原・メイドカフェ探訪記
秋葉原にあるメイド喫茶の、イベントや新店のレポートサイトです。

ブログ検索
まいく へ メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。